よく聞かれる!海外就職の面接対策③

  • 外資系企業の面接はどんな対策したらいいのかな?
  • 海外転職したいけど、どんな対策したらいいの?
  • 過去の経験をどう活かして、面接対策すればいいのかな?


こんにちは♪
自分の看護を活かして海外転職活動に奮闘中のあやぱんです。
この記事を読みに来てくださりありがとうございます♡

今回、「海外就職や外資系企業でよく聞かれる面接対策パート3」です。

前回の記事に引き続いて、海外の面接でよく聞かれる質問に対して、あやぱんが自力で作成した答えをまとめていきます。

今回はパート3なので、トレーナーの指導が無くても良いものを作れているはずです。笑

今回の記事のポイント
♡海外就職の面接対策ができる。
♡面接での英語の答え方がわかる。
♡看護師経験を一般企業の面接でどうアピールするのかがわかる。

海外就職の面接でよく聞かれる質問パート3その①


Q1, How did you hear about this position?

(あなたが申し込んだこのポジションについてどのように聞いてますか?)

I heard about this position it is Sales support staff.
It mean I work for clerical work mainly.
Additionally, This position is also required to be able to perform multitask, have a wide range of duties, and have high communication skills.
I am used to doing multitasking, because Nurse job also is multitasking.
Therefore, I feel this job would be a good fit with my experience.

(日本語訳)

このポジションについては、セールスサポートスタッフと伺いました。

主に事務系の仕事をします。

このポジションは、マルチタスクな環境で幅広い職務を遂行できることや、高いコミュニケーション能力が求められます。

看護師の仕事もマルチタスクなので、私はマルチタスクに慣れています。

よって、この仕事は私の職歴に合っていると思います。

海外就職の面接でよく聞かれる質問パート3その②


Q2, Out of all the candidates, why should we choose you?
(他の候補者を外して、私達があなたを選ぶべき理由はなんですか?)

There are two reasons you choose me.  
First, I have a challenging spirit and tenacity compared to other candidates.  
I worked as a nurse in ICU (intensive care unit).
The main task was taking care of patients who were in serious condition.
It was not a piece of cake rather tough jobs that made me to self-doubt my capacity and skills. 
However  I overcame it, by analyzing myself and challenging the task many times.
After that, I was appointed the nurse who was in charge of organ donation for brain death patients for the first time in 13 years at the hospital I worked for. 
Therefore I can toughly work with my spirit to accept and overcome challenges.
The second reason is that I'm used to doing multitasking.
Because Nursing work is a multitasking.
When I was a nurse, I often called by patients at the same time.
And then I nursed the patients while prioritizing.
I will contribute your company with my abilities are spirit to accept and overcome challenges and multitasking. 

(日本語訳)

私を選ぶ理由は2つあります。
1つ目の理由は、私は他の候補者に比べてチャレンジ精神と粘り強さを持っています。
私はICU(集中治療室)で看護師として働いていました。
主な仕事は、重篤な状態にある患者のケアをすることでした。
そこでは、自分の能力とスキルを自立させるのは、簡単な仕事ではなく、難しい仕事でした。
しかし、自分を分析し、何度も課題に挑戦することで、私はそれを克服しました。
その後、所属病院で13年ぶりに脳死患者の臓器提供を担当するナースに任命されました。
よって、私はどんな仕事も粘り強くチャレンジしながら働くことができます。
2つ目の理由は、私がマルチタスクな仕事をこなすのに慣れているからです。
看護師の仕事はマルチタスクな業務ばかりです。
私が看護師の時は、複数の患者さんからも同時に呼ばれることがよくありました。
でも、優先順位をつけながら患者さんの看護を行っていました。
私は、自分のチャレンジ精神とマルチタスクな仕事をこなすことができる能力を活かして、御社に貢献します。

海外就職の面接でよく聞かれる質問パート3その③


Q3, Why do you want this job.
(なぜあなたはこの仕事がしたいのですか?)

You open up new medical possibilities with 〇〇, one of Asia's largest private hospital groups in 〇〇countries.
It’s very interesting for me.
Currently, Asia is undergoing rapid economic development. 
However, I’m afraid that more and more people are suffering from rising medical costs and diseases such as diabetes, heart disease and cerebral infarction, while people's lives are getting richer.
I think we should focus on preventive medical rather than providing advanced medical treatment. 
It prevents patients from getting big illnesses and does not have to pay high medical costs. 
I aim to work to save a lot of people at your 〇〇department in the future.
I strongly agree with Mr 〇〇 words, who is general manager for 〇〇department.
That is “If people can be detected and treated before they get seriously ill, medical costs are also reduced.  I want to deliver such a future to many people.”
there is much that I can use my experience to contribute to your 〇〇department.

(日本語訳)

御社は〇〇国でアジア最大の私立病院グループの1つである〇〇によって、新しい医療の可能性を切り開かれます。
それは私にとってとても興味深い内容です。
現在、アジアは急速な経済発展を遂げています。
しかし、人々の生活が豊かになる一方で、医療費の上昇や糖尿病、心臓病、脳梗塞などの病気に苦しむ人はますます増えます。
私はこれからの時代は、高度な医療ではなく、予防医療に力を入れるべきだと思うのです。
予防医療は患者が大きな病気になるのを防ぎ、高い医療費を支払う必要がありません。
だから、私は今までの経験を活かして、多くの人を救うために御社の〇〇事業部で働くことを目指しています。
私は〇〇部長の〇〇さんの言葉に強く同意します。
それは「人々が深刻な病気になる前に早期発見と早期治療することができれば、その結果、医療費も削減されます。 そんな未来を多くの人に届けたい」というお言葉です。
私は今までの経験を活かして、御社の〇〇事業部に貢献できることがたくさんあります。

海外就職の面接でよく聞かれる質問パート3その④


Q4, If ever we’re going to hire, how soon can you work for us.
(もし私達があなたを雇うとしたら、いつから働くことができますか?)

I can work for you soon after i get a work visa.

(日本語訳)

就労ビザ取得後、すぐに働くことができます。

いかがでしたでしょうか?

パート3の質問は、実際に質問される頻度が高いです。

でも、私が1番苦手とする質問ばかり…苦笑

もう、スパトレのトレーナーに助けてもらいます。

次回の記事では前回同様に、オンライン英会話「スパトレSPTR」で指導を受けた後、私の答えがどれだけ変わるのか、検証してみたいと思います。

オンライン英会話「スパトレSPTR」に興味ある方はこちらをチェックしてみて下さい。


私がスパトレの無料体験を受けた感想をまとめた記事はこちらです。

IELTS対策ができるオンライン英会話の無料体験をやってみた


最後まで読んで頂きありがとうございました。

終わり♪


関連記事♡

外資系企業の面接で過去に質問された6つのことよく聞かれる!海外就職の面接対策①よく聞かれる!海外就職の面接対策②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA