シンガポールから日本へ帰国【日本国大使館での手続き】

  • 日本へ帰国が決まったらどんな手続きをすれば良いの?
  • 新型コロナの影響で日本大使館に手続きへ行けない!
  • できればオンラインで手続きを済ませたい!


こんにちは♪
夫を残してシンガポールから本帰国するあやぱんです。
この記事を読みに来てくださりありがとうございます♡

今回は、シンガポールから日本へ帰国する際の「日本国大使館で行う手続き」についてです。

新型コロナの影響下である期間に、私が実際に行った日本国大使館での手続き方法をご紹介します。

ビザの種類や状況によって、手続き方法は異なる可能性がありますので、帰国する際はご自身でお調べください。

参考程度に読んでくださると幸いです。

今回の記事のポイント
♡本帰国時に日本国大使館ですべき手続きがわかる。
♡オンラインでの離星届提出方法がわかる。
♡配偶者のみが帰国する際の日本国大使館での手続き方法がわかる。

シンガポールから日本へ帰国【4〜3週間前に実施したこと】


私は前回の記事で、シンガポールから日本へ帰国する際のやることリストを作成しました。

◯は日本帰国4週間前に実施したことです。
詳細は前回の記事をご覧ください。

私は少しイレギュラーで、EP(Employment pass)保持者である夫を残して、配偶者ビザを保持している私のみ帰国します。

なので、私のやることリストには家の退去やネット解約等が入っておりません。

  1. 親に連絡
  2. 隔離施設の確保
  3. 空港から隔離施設までの移動手段の手配
  4. 航空券の手配
  5. 現地の健康保険の担当者へ連絡
  6. MOM(管轄官庁人材省)で配偶者ビザ返却の手続き
  7. Singpass 解除
  8. 配偶者ビザ返却
  9. 日本国大使館へ連絡(新型コロナによる手続き方法の確認)
  10. 離星届の提出(日本国大使館)
  11. HDB登録の解除
  12. 携帯電話の契約解除
  13. 銀行口座の住所変更
  14. 転職活動でお世話になったエージェントさんに連絡


日本帰国3週間前に実施したことは、以下の二つになります。

日本国大使館へ連絡(新型コロナによる手続き方法の確認)
離星届の提出(日本国大使館)

現在、在シンガポール日本国大使館は新型コロナの影響があり、開館時間を短縮しています。(2020年9月時点)

また、来館する際は事前予約が必要であるため、私は日本大使館への問い合わせや手続きは帰国が決まってから直ぐに行いました。

受付時間の変更
旅券,証明書,戸籍関係の届出等は午前中のみ(予約制)の受付とさせていただ きます。
(午後の受付業務を一時停止)
■現 行:午前8時30分から12時,午後1時30分から午後4時まで
■変更後:午前8時30分から12時まで

引用:在シンガポール日本国大使館
2020年9月地点情報

シンガポールから日本へ帰国【日本大使館での手続きについて】


結論から言うと、シンガポールから日本へ帰国する際に日本国大使館でしなければならない手続きは、通常は離星届の提出のみです。

しかし、配偶者のみが帰国する際は、離星届の提出も不要です。

新型コロナの影響もあり、日本国大使館の開館時間が短縮かつ予約制になったため、私はとりあえず電話で日本帰国の手続きについて問い合わせしてみました。

日本国大使館は8:30〜開館のため、8:30過ぎに電話問い合わせしたところ、数回かけ直しても全く繋がりませんでした。

皆さんやることは一緒ですね。
日本国大使館側の多忙な日々が想像出来ます。

そして、何度電話しても繋がらないので、次に私はメールで問い合わせしてみました。

そしたら、1時間もかからず返信が来ました。

私が問い合わせで知り得たことは以下の3つです。

  1. 世帯主が帰国する場合は、離星届を日本国大使館へ提出する。
  2. 離星届は日本国大使館のホームページから指定の用紙をダウンロードして、必要事項記入後、FAX又はメールにて提出可能。
  3. 配偶者のみが帰国する際は、離星届の提出は不要。ただし、①世帯主の氏名②世帯主の生年月日③帰国者の名前④シンガポール出発日を日本国大使館に知らせる必要がある。


配偶者のみがシンガポールから日本へ帰国する際は、日本国大使館の在留届データをアップデートするのみです。

私は手続きが複雑になることを気にしていたので、手続きが簡単に終わってラッキーでした。笑

シンガポールから日本へ帰国【離星届のダウンロード方法】


もし、離星届をFAXまたはメールにて提出する場合は、日本国大使館のホームページより指定の用紙をダウンロードする必要があります。

①まず、日本国大使館のホームページに飛んでください。


在留届をクリックします。


届出用紙ダウンロードをクリックします。


④離星届は入力用と手書き用があるので、ご自身が希望する方をダウンロードして下さい。


⑤入力完了したら、日本国大使館に送信するだけです。

FAXの場合は、6733-5612
メールの場合は、zairyuhenko@sn.mofa.go.jp 

シンガポールから日本へ帰国【次にやるべきこと】


自分のやることリストを見ると、既に半分以上の項目が終了してるので、嬉しいです。

配偶者ビザの返却に関しては、まず主人の会社に報告しなければならないので、主人の結果報告待ちです。

私が使用している携帯電話のSIMはプリペイドカードなので、帰国直前に契約を中止すればOKです。

となると、次にやるべきことは、現在住んでいるHDBの登録解除と、銀行の住所変更ですね。

やることリストを作成すると、早く手続きを済ませられるように行動するので、私はやって良かったです。

次にやるべきことはあるけど、少し時間の余裕を作れたので、友人や夫との時間をもっと楽しめそうです♪

また、皆さんにお役に立てる情報がありましたら、共有させていただきます。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。


終わり♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA