産後のママの献立作りをお助け♡日本人産褥ナニーが作る産後食 No,15

こんにちは♪
シンガポールで産後ケアをしておりました看護師あやぱんです。
看護探究隊へのご訪問、誠にありがとうございます♡

今回の産後食の献立は、和食尽くしにしてみました。

やはり、日本人は日本食が一番落ち着きますよね。

素材の味を活かした味付けで、脂っこくなく、しょっぱすぎず、まさに産後には最適な食事です。

シンガポールで産後ケアをしていた時、病院から退院してきた産後のママさんに、和食の産後食を作ると、とても喜んでくださいました。

でも、和食は下処理が必要な料理が多く、めんどくさいと感じる方もいらっしゃると思います。

私も結構めんどくさがり屋なので、今回はそんな私でも作れる和食の産後食を紹介していきます。

日本人産褥ナニーが作る献立♪産後のランチメニュー No,15


今回のランチメニューで、主に使用している食材はこちら。↓↓

め:豆腐
ま:いりごま、ごま油
かめ(海藻類):海苔
さい:小葱
かな:しらす、鮭
いたけ(キノコ類):なめこ
も:長いも

野菜が少なめではありますが、「まごわやさしい」をバランスよく取り入れられた献立です。

鮭の握りボールは、お子様のお弁当にも使えますね。

朝お弁当を作る際、多めに作っておくと、自分のランチや小腹が空いた時に食べれます。

さらに!鮭のピンク色が食卓を彩ってくれるので、便利な一品です。


ネギとしらすの冷奴は、簡単栄養満点美味しいの三拍子がそろってます!

しかも、具材をのせてるだけ(笑)

しらすをトッピングすることでカルシウムがたくさん摂取でき、ネギや胡麻との相性も抜群なので、とても美味しいです。

ちょっといつもと違う冷奴が食べたくなったら、ぜひお試しください♪


次に、温そばって、たまーにすごく食べたくなる時ありませんか?

簡単だし、内臓が疲れている時につるっと食べれて、この優しい素朴な味が、体を癒してくれます。

因みに私が作ったこの温そばは、茹でたそばに、温めためんつゆを注いだだけです。

しかし、この温そばにトッピングした具材たちが、かなり優秀なので、少し紹介させてください。

トッピングに使用している長芋は、「ジアスターゼ」という栄養素が豊富に含まれております。

ジアスターゼの効能としては、胃の粘膜を保護し胃もたれを防ぐ効果があります。

なので、長芋をそばと一緒に食べたら、より胃が癒されることでしょう。

その他の長芋の代表的な栄養素は、以下になります。

  1. たんぱく質
  2. カリウム
  3. 食物繊維
  4. ナイアシンなど…。


温そばのもう一つのトッピングである「なめこ」も、カリウム+食物繊維+ナイアシンが豊富に含まれております。

産後に摂取するとよい栄養素ばかりですので、温そばのトッピングには長芋のすりおろしなめこがおすすめです。

※長芋の栄養素について詳しく知りたい方はこちら

※なめこの栄養素について詳しく知りたい方はこちら

日本人産褥ナニーが参考にしたレシピ

なし!(笑)
すべて目分量で、お好みで調節してください。

日本人産褥ナニーが作る献立♪産後のディナーメニュー No,15


今回のディナーメニューで、主に使用している食材はこちら。↓↓

まめ:味噌、油揚げ、厚揚げ豆腐
ごま:なし
わかめ(海藻類):昆布、海苔
やさい:きゅうり、大根、人参、生姜、ほうれん草、小葱
さかな:ぶり
しいたけ(キノコ類):えのき
いも:長芋

今回の一押しは、ぶり大根です!!

ぶりは、栄養たっぷりのお魚なので、産後のママさんには是非食べてほしいお魚です。

良質なたんぱく質カルシウムビタミンⅮ・E鉄分など、産後のママに不足する栄養がたくさん含まれています。

(※ぶりの栄養について詳しく知りたい方はこちら。)

しかし、ぶりは鮭やサバ・タラなどと比べてちょっとお高めな魚です。

なので、私は特売の時に購入したりします。

生姜も栄養価も高いですし、臭み取りも兼ねて使用。

時間が経てばたつほど、大根に味がしみて美味しくなります。


次に、私が使用している浅漬けのもとはこちらです。↓↓


エバラの浅漬けの素は、簡単ですし、すぐに味がしみてくれるので、良く購入します。

しかし、浅漬けや漬物などは、塩分が高めですよね。

産後にはあまり好ましい料理ではありませんが、産前産後に食欲が出ない時があるでしょう。

そんな時に浅漬けが食卓に出されると、御飯が進みますよね。

医師に塩分制限の指導を受けていないのであれば、食べ過ぎないように注意すればOKです。


厚揚げ豆腐は、ガスコンロで焼いて、すりおろした生姜、小葱、刻み海苔をのせただけです。

あとは、好みで醤油やめんつゆをかけて食べてください。

簡単+美味しいは、私にとって最高のレシピです♡

冷奴に飽きたときに、この厚揚げ豆腐にするだけで、食卓が楽しくなります。

お酒のおつまみにもなるので、お酒好きのご主人もきっと喜んでくれるでしょう。


お味噌汁は、安くなっていたほうれん草を中心に、冷蔵庫にある食材を入れてみました。

私は味噌汁を作るときは、基本冷蔵庫の余り物を使う感じです。

食材を余らさず使い切ることは、環境にも家計にも優しいですよね。

毎日の献立作りは、お母さんの一番の悩みといっても良いくらい意外と大変です。

なので、味噌汁などのスープ系くらいは、あまり深く考えずに作りましょう。

日本人産褥ナニーが参考にしたレシピ

ぶり大根:オレンジぺージ
私は臭み取りや栄養を考慮して、生姜や長ネギをプラスして使用することもあります。

日本人産褥ナニーが作る産後食の献立ポイント


私は、簡単かつ栄養満点の産後食を作るために、以下の2つのポイントだけを意識して、産後食の献立を作っています。

産後食の献立作りのポイント
①一汁三菜
②「まごわやさしい」の食材を使う

産後食の献立作りのポイントについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。↓↓

母乳と体の回復に良い産後の食事(産褥食)

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

終わり♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA